社会貢献活動報告(「子ども食堂」支援)

2019年09月24日

子ども食堂とは、地域住民や自治体が主体となって無料または低料金で子どもたちに食事を提供するコミュニティの場を指します。

子どもの貧困層の増加にともなう食事難や孤食に対する問題は、親の就職状況や離婚状況が深く関連しているため、根本的解決方法を見つけるのが難しい現状にあると言われておりますが、それでも「目の前の子どもたちに美味しくて温かいご飯を食べてもらおう」と子ども食堂を維持されている皆様を、少しでも支援させていただきたいという思いから、当社は各地の子ども食堂に些少ながら寄付を継続させて頂いております。

そして、今月末、新たに「みなと子ども食堂」と「ねりまこども食堂」の2箇所に寄付させて頂きます。

当社は、今後も、全国の子どもの食事難や孤食の解決のために、より多くの「子ども食堂」の支援に取り組んでいきたいと考えております。